キャバ嬢はドレスやメイクにどれくらいお金をかけているのか

キャバ嬢の衣装代やお化粧代はどれくらいなのか

着る物で変わるもの

キャバ嬢や夜の仕事で働くことはもちろん大変なことも多いですが、接客に責任を持ち、お客様からも必要とされるという関係が密に表れるとてもやりがいのある仕事だと思います。
仕事を始めるきっかけは十人十色様々あると思います。
借金返済のため、学費を稼ぐため、将来のために貯金をしたい、というものやなんとなくお金がほしい、友人に誘われて、というものもあります。

キャバ嬢のお給料は昼間の仕事の何倍もあります。もちろんその分出費、必要経費も多いですが、体験入店に行った先輩がとても暇な日で最後に1客、一緒にお酒を飲んでお話しただけで7千円もらった、というようなことを話していましたが、自給900円のアルバイトをしていた私には信じられない話でした。
それだけの話しでそう思ってしまうので、実際稼ぐようになった時一体どうなってしまうのだろう、という気持ちです。

目標があって夜の仕事を始めた、という方はそこまで金銭感覚も狂わずに生活できるようですが、やはりなんとなく始めた、という方は気持ちと収入がついていかず、あれもこれもと使ってしまうようになってしまうようです。もちろん個人の意思によりますが…そしてキャバ嬢という仕事は安定して何十万も毎月もらえる、というものでもないのでクレジットカードで買い物してしまったり、気づいたら借金をして毎月稼いだ分と同じだけ返済していたり、ということになってしまいます。

友人との付き合いも、同じように夜の仕事をしていればお互い理解はできるかもしれませんが、例えば同じ大学の友達や彼氏と出かけたりした時、1万円札を千円札のように扱っていたり、彼氏が一生懸命働いてプレゼントを値段で見てしまうようになってしまったり…ということになりかねません。

自分は大丈夫、と思っていても大丈夫な保証はどこにもないので、必要な分以外は貯金する、という気持ちで稼げる時期を楽しむことが大事だな、と思います。

TOPへ戻る